最近のGLAYがこんなに面白いって知ってた?

雑記

※この記事では最近のGLAYを知っている人からしたらごくごく当然のことを書いてますので、サラッと読み流してください。

どうもりーほーです。

皆さんGLAY知ってますか?知ってますよね。

国民認知度としては最高峰に高いバンドだと思います。

皆さんが好きな曲ってなんでしょう?『誘惑』とか『口唇』とか『サバイバル』とかですかね?たしかに90年代前後のGLAYの曲はハチャメチャ良い。

しかしここでぼくは言いたい。

 

御託はいいから今のGLAYを聴け今のGLAYを

 

今のGLAYもガッツリ活動してまして、ホールツアーやアリーナツアーもやってるし新曲やアルバムも出してます。

しかし今のライブに来るお客さん、体感だと昔からのGLAYER(GLAYファン)が圧倒的に多い気がします。

それはもったいない!

今のGLAYめちゃめちゃおもろいのに…というわけで、昔は少し聴いてたこともある人にも、今のGLAYを聴いてもらいたいと思いましたので書きます。

今のGLAYを簡潔に言うと

たしかに僕も昔はGLAYの表層しか撫でてなかったですよ。

ましてや「ドラムのいないバンドなんて…そんなのバンドなのか…?」みたいな若いやつ特有のめんどくさい考えで遠ざけていた時期さえありました。

しかし数年前に結婚した嫁さんがエライGLAYERでございまして、また最近のGLAYを聴くようになったのです。

前置きが長くなりましたが、今のGLAYを簡潔に言うと、メンバー全員の個性が各曲により色濃く出ていてとってもサイコーということです。

衝撃のリード曲『シン・ゾンビ』

まずはこのMVを見てみましょう。

「シン・ゾンビ」ミュージックビデオ


App Storeからダウンロード

うん、攻めてるよね。今までのGLAYのリード曲でゾンビがテーマになったことなんてありましたか?

どこまで〜も〜ひろ〜が〜る〜 とか言ってる場合じゃない。ゾンビだよゾンビ!

このMVも、ファン制作とかではなく公式ですからね。これが4曲入りのE.P.のリード曲。リード曲としてはかなりぶっ飛んでませんか。

この『シン・ゾンビ』、ギターのHISASHIが創った曲なんですが、彼の趣味がふんだんに盛り込まれたGLAY史上最高(僕的に)の曲です。

GLAYの今は、メンバーそれぞれがリード曲を創る黄金時代

そう、HISASHIが作った『シン・ゾンビ』がリード曲になっていることからもわかるように、作詞作曲TAKURO以外の曲が前に出てきてるんですよね。

GLAYの黄金時代は90年代だと言う人がたくさんいますが、いやいや完全に今がGLAYの黄金時代でしょ。

90年代ー00年代初頭あたりまでは、GLAYのリード曲はほぼすべてTAKUROが書いてました。『誘惑』も『口唇』も『サバイバル』もそうですね。

しかしここ最近は、TERU作曲、JIRO作曲、HISASHI作曲のリード曲が増えてます。

TAKUROはインタビューで「GLAYにはこんなに素晴らしいコンポーザーがいるんだからみんながリード曲を書かない手はない」という主旨の発言をしておりました。

TAKUROのメンバーへの信頼感を感じる最高の発言ですね…。

こんな感じで最近のGLAYのリード曲はとても個性の強い曲で構成されています。

各メンバーの創る曲の特徴

GLAYファンだと、曲を一聴しただけでおそらくほぼ確実にメンバーの誰が創ったか当てられると思います。

各メンバーの曲の特徴は↓こんな感じです。

・TERUが書く曲

とっても優しい。愛に溢れている。変な言葉は使わない。かわいい。

・TAKUROが書く曲

やはり稀代のコンポーザー、とても売れそうな感じ。皆がしらない日本語表現がステキ。

・JIROが書く曲

めちゃくちゃパンク!ゆったりした曲も良い。とにかくJIROのバックボーンはパンクだということが曲を聴くとよくわかる。

・HISASHIが書く曲

サブカル、デジタル、ギター、ゾンビ、アニメ、オタク、厨二感などのあらゆる最近の文化をごちゃ混ぜにしてギターロックに落とし込んだ感じ。実験的な音も多い。

とまぁこんな感じで特徴が尖りまくってるんですよね。ここ最近のGLAYの曲の多様性は、各メンバーの特徴がいい感じに作用しているからこそだと思うのです。

最近のオススメ曲

ここ最近の各メンバー作曲のオススメ曲を紹介して締めましょう。

 

デストピア/超音速デスティニー (HISASHI作詞作曲)

「デストピア/超音速デスティニー」ミュージックビデオ

App Storeからダウンロード

Scoop(JIRO作曲)

「Scoop」ミュージックビデオ


iTunes Storeからダウンロード

空が青空であるために(TERU作詞作曲)

「空が青空であるために」ミュージックビデオ


App Storeからダウンロード

Supernova Express2016(TAKURO作詞作曲)

「Supernova Express 2016」ミュージックビデオ


App Storeからダウンロード

というわけで今のGLAYをみんな聴こうぜ

どうです?見事に各メンバーの特徴が出てます。最高だと思いませんか。

とにかく今のGLAYを聴こうぜ、みんなで。でライブ行こう。

ちなみに、HISASHIが好きすぎて数年前にTALBO買いました↓

レコーディングで大活躍してくれてます。

ま、確かに誘惑とかめちゃめちゃカッコいいんですけどね。でもデストピアとか、誘惑に全然負けてない。

みんな聴こうぜ!

最新作はこちらです〜↓

App Storeからダウンロード

コメント